DHA・EPAはどの食品に含まれてるの?

健康や美容など、さまざまな効果が期待されているDHA・EPAですが、青魚に豊富に含まれているのが特徴です。
ただ、青魚といわれてもどの魚のことを指しているのかと、疑問に感じる人もいることでしょう。
ここでは、DHA・EPAが多く含まれている食品を挙げていきますので、毎日の献立づくりの参考としてお役立てください。
まずDHAが多く含まれている魚ですが、身近な種類としてはクロマグロ、ブリ、サンマ、ハマチを挙げることができます。
100gあたりクロマグロには3,200mg、ブリ、サンマ、ハマチは1,700mg含まれています。
なお、これらはいずれも生の状態で含まれている量となっています。
次にEPAを豊富に含んでいる魚ですが、クロマグロ、マイワシ、ハマチ、ブリ、サンマを挙げることができます。
生の状態で100gあたり順番に1,400mg、1,200mg、980mg、940mg、890mg含まれているのです。
また、DHA・EPAを通常の食事で摂る場合には、焼き魚にすると効率がよくありません。
焼いても摂取できることはできるのですが、生の状態のほうがより多くの栄養を補給することが可能なのです。
したがって、DHA・EPAを多く摂りたい人は、刺身調理をして食べるとよいでしょう。
これは一例ですが、サンマは生の状態だと100gあたり1,700mgのDHAが含まれていますが、焼き調理すると1,400mgと少し栄養が損なわれてしまうのです。
なお、魚が苦手だという人は、サプリメントから摂取すると味がしないのでおすすめです。