DHA・EPAはサプリメントから摂ろう

厚生労働省が公表しているDHA・EPAの1日目標摂取量は1人1g(1,000mg)です。
毎日魚を食べているという人であれば、まず極端に不足するといったことはないので安心しましょう。
しかしながら、なかなか魚を食べる機会がないという人は注意が必要です。
食事が欧米化している人はDHA・EPAが足りなくなっている可能性が高いため、和食中心の魚を取り入れたメニューを摂るようにしたいところです。
ただ、毎日魚を食べると飽きてしまうという人や、魚が苦手で食べられないという人もいることでしょう。
また、健康のためにと魚を必死に食べるのは辛かったり、ストレスが溜まってしまうという人もいるはずです。
その場合には、通常の食事以外からDHA・EPAを摂る方法を考えなくてはいけません。
ただ、特別なことをしなくてはいけないわけではなく、いまはDHA・EPA配合のサプリメントが販売されています。
比較的手頃な価格で販売されていますので、ひとつ買っておいてみるとよいでしょう。
DHA・EPAが共に配合されているサプリメントであり、配合量が多ければ、栄養補給の大きな助けになります。
ただし、DHA・EPAのサプリメントだけ摂っていれば大丈夫ということではありません。
通常の食事で栄養を摂らなければ、DHA・EPA以外の栄養が不足してしまう心配があります。
バランスの取れた食事のサポート役としてサプリメントがありますので、栄養バランスの取れた規則正しい食事を3食摂るという基本は忘れないようにしましょう。