DHA・EPAってなに?

DHAとEPAは共に、わたしたち人間の体のなかでつくりだすことの不可能な栄養成分です。
DHAとEPAは脂肪酸に分類されていますが、体内で合成不可能なため必須脂肪酸と呼ばれています。
さらに脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されていますが、DHAとEPAは不飽和脂肪酸に分類されているのです。
また、不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸にわけられており、DHAとEPAのような必須脂肪酸は多価不飽和脂肪酸に該当します。
なお、DHAはドコサヘキサエン酸といい、EPAはエイコサペンタエン酸といいます。
共に不飽和脂肪酸には脂肪という言葉が入っているため、摂り過ぎると肥満や生活習慣病などの原因になるのではないかと心配する人もいるでしょう。
しかしながら、肥満や生活習慣病などの原因になるのは飽和脂肪酸なのです。
理由は、飽和脂肪酸には動物性脂肪の割合が高くなっているからです。
逆に不飽和脂肪酸には動物性脂肪ではなく、植物性脂肪の割合が高くなっています。
植物性脂肪というのはぜい肉としてつきにくいのが特徴で、さらにはコレステロールを低下させる作用があるのです。
DHAやEPAは青魚に多く含まれている成分ですが、日本人の食事が欧米化したことから、魚離れが進んでいるという指摘があります。
そのため、以前よりDHAやEPAが不足しがちな人が多くなり、政府でも目標摂取量を設定し、摂取するよう呼びかけをおこなっています。
また、DHAやEPAをより手軽に摂れるよう、サプリメントも販売されるようになりました。